2018/10/12 14:39

「うぜぇ、くそばばぁ、死ね」と言う子供は○○○な可能性!?

子供

心身ともに変化する思春期は、子ども自身もイライラしてしまい、つい親に向かって暴言を吐くようなことも出てきます。 ですが「うぜぇ、くそばばぁ、死ね」は、思春期特有の慣用句あり、そのままの意味に捉えなくていいとママスタセレクトは伝えています。子どもが思春期にさしかかると、親はなにかと戸惑うことが増え、また子どもの言動でイラっとすることも増えるかもしれません。そんなときはうまく言葉の変換表を思い出して「『うるせー』とか言っているけど、『素直になれなくてごめんなさい』って言ってるんだな。わが子はちゃんと成長しているんだな」と思えばイライラも随分と減り、子どもともいい距離感を保てるようになるんだそう。みなさんも参考にしてみてはいかがでしょうか。

「普通、微妙、別に」。思春期の子どもの言葉に隠された本音とは? | ママスタセレクト「普通、微妙、別に」。思春期の子どもの言葉に隠された本音とは? | ママスタセレクト

編集者:いまトピ編集部