2018/10/11 07:54

イオン「そろそろ危ないかも…」→原因は客が求める○○だった

サラリーマン

総合スーパー最大手のイオンは、今後の事業拡大について危機感を募らせているそうです。ここ数年は低価格志向に加え、嗜好の多様化、共働き世帯の増加による時短ニーズの高まりといった変化が起きているのだとか。加えて、コンビニエンスストアやドラッグストアなど異業種との競争も激化の一途をたどっていると、「東洋経済オンライン」が伝えています。

イオン「食品スーパー改革」に踏み込む危機感 | 百貨店・量販店・総合スーパー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準イオン「食品スーパー改革」に踏み込む危機感 | 百貨店・量販店・総合スーパー | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

編集者:いまトピ編集部