2018/9/25 17:21

昼寝をすると「死亡リスクが◯◯」

昼寝

昼寝の習慣のある人は、ない人に比べてアルツハイマー病の発症リスクが5分の1に抑えられているといわれています。睡眠不足は、血圧上昇を招きます。日中の空き時間を見つけて、15分程度、昼寝をするだけでも効果があるそうです。健康のためには、血管や血圧に気を配ることも大切です。今後の健康のために、是非始めてみて下さい。cafeglobeが紹介しています。

ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由 | cafeglobeピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由 | cafeglobe

編集者:いまトピ編集部