2018/9/16 15:51

道路で倒れている人を助けた「タクシー運転手」称賛されると思いきや...その後の展開に「考えさせられる」の声

大川

ある日の深夜3時、タクシー運転手のシグリオ(@sigmarion)さんは、渋谷で客を乗せて走行中「道路の真ん中に人が倒れている」のを発見。間一髪避け、パニックに襲われつつも安全な場所へ移動させたり、救急車や警察を呼んだり、後続車を誘導したり…といった対応を見事にこなしたといいます。 しかし、警察からの事情聴取で時間は取られ、乗せていた客は他のタクシーに引き継ぎ、不安にかられるわ、売り上げは散々だわ…と、「人助けをしても得をするどころか損しかしなかった」のだそう。 「人を助けた人間が『助けなければよかった』と思ってしまうことほど、悲しい事はない」と語る投稿者に対しネットでも「自分も人助けをして、嫌な思いをした経験がある」という声が寄せられたとgrapeが伝えています。

「人助けをしても、損をする社会」 タクシー運転手の体験談に、考えさせられる  –  grape [グレイプ]「人助けをしても、損をする社会」 タクシー運転手の体験談に、考えさせられる – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部