2018/7/23 08:33

1日に6時間以上◯◯人は、14の病気による早期死亡リスクが急増

病気

座って過ごす時間が1日当たり6時間以上の人では、3時間未満の人と比べて早期死亡リスクが19%高い――という研究結果が発表されました。死因別では、がん・心疾患・脳卒中・糖尿病・腎疾患・自殺・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・肺疾患・肝疾患・消化器疾患(消化性潰瘍など)・パーキンソン病・アルツハイマー病・神経障害・筋骨格系障害の14の死因による死亡リスク上昇するそうです。専門家の一人で米イェール・グリフィン予防研究センターのDavid Katz氏によれば、対処法は「何度も立ち上がって歩き回る」なんだとか。

座りすぎで死亡リスクが上昇する「14の病気」が判明! 2分間立つだけでも改善?|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS座りすぎで死亡リスクが上昇する「14の病気」が判明! 2分間立つだけでも改善?|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

編集者:いまトピ編集部