2018/7/21 08:58

「オロナミンC」が危ない

危険

大塚製薬が販売する「オロナミンCドリンク」など2商品で、開けるときにキャップが勢いよく飛ぶという不具合が見つかりました。飛んだキャップが指や目に当たって腫れたなどと申し出が複数あったことから調査をしたところ、北海道釧路の工場で作られた瓶で一部、先端が変形しているものがあったそうです。また、暑さが原因で炭酸ガスが膨張してキャップを押し出す強さが増していることも一因だと、「テレ朝news」が伝えています。

「オロナミンC」でけがの恐れ?800万本自主回収「オロナミンC」でけがの恐れ?800万本自主回収

編集者:いまトピ編集部