2018/7/19 14:14

見つけにくく生存率も低い「すい臓がん」を見逃さないポイント

がん

「沈黙の臓器」とも呼ばれる「すい臓」にできるがんは、主ながんの中でも特に生存率が低く、恐ろしいがんとして知られています。初期に自覚症状がない中で、早期発見をするためのポイントとして現在注目されているのは「血糖値の急な上昇」です。 すい臓に異常がある場合、インスリンの分泌が減り、食べ過ぎや飲み過ぎといった生活習慣の乱れがなくても血糖値が急に上昇することがあるそうです。 定期的な健康診断で「空腹時血糖」や「尿糖」、「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」などをチェックしてください。 これらの値が今までよりも急に高くなっていたら必ず病院を受診しましょう。 とMocosukuが伝えています。

早期発見が難しい「すい臓がん」 見逃さないポイントは? | Mocosuku(もこすく)早期発見が難しい「すい臓がん」 見逃さないポイントは? | Mocosuku(もこすく)

編集者:いまトピ編集部