2018/7/16 13:06

「更年期の女性」は”手の○○”を見ればわかる

手

専門家によると、更年期症状というとのぼせやほてり、ホットフラッシュだと思いがちですが、実はしぶれ、関節炎の症状がでている人が多く、外来でも50代女性が一番多いそうです。また、手指の変形性関節症発症のピークは60代ですが、これは症状がではじめた50代に適切な治療が受けられず、未治療でいたために関節の変形が進んでしまったから。これらの症状を抑えるためには、女性ホルモンが大きく変化する時期に予防することが大切だと、「OurAge」が伝えています。

更年期世代の手指の不調。初期症状段階からの治療が始まっています | OurAge更年期世代の手指の不調。初期症状段階からの治療が始まっています | OurAge

編集者:いまトピ編集部