2018/7/15 19:30

「○○を着ると危ない」熱中症になりやすい服装

暑い

熱中症対策の観点からすると、汗を吸ってくれる吸水性と吸った汗を素早く乾かしてくれる速乾性が優れた素材がおすすめです。具体的には、綿・麻・ポリエステル。洋服の素材だけでなく形も大切で、ピタッとした服は服と身体の間を風が通らないため、熱がこもりやすくなります。ゆったりした服を着るのがおすすめです。黒など濃い色ほど熱を吸収し、熱がどんどんこもってしまうため、色は断然、熱を吸収しにくい白や淡い色の洋服がおすすめだと、「ウェザーニュース」が伝えています。

熱中症対策で服装の注意点は? - ウェザーニュース熱中症対策で服装の注意点は? - ウェザーニュース

編集者:いまトピ編集部