2018/7/14 13:15

スタバでコーヒーを頼んだ「言語障害の男性」....カップを受け取り衝撃を受ける

スタバ

アメリカのとあるスターバックスに訪れた、サムさん。サムさんは吃音を持っており、言葉を発する時にどもってしまうことがあるといいます。 サムさんはレジでアイスコーヒーを注文し、店員に名前を聞かれどもりながら答えると、店員は「オッケー。サ・サ・サ・サム」と返したのだそう。これだけでも非常に失礼な話ですが、さらに注文したコーヒーのカップを受け取りショックを受けたといいます。カップには、彼の名前が『SSSAM』と書かれていたのです。 この出来事を受け、サムさんはスターバックスのカスタマーサービスに苦情を伝えました。しかし返ってきたのはまるで定型文のような謝罪の言葉と、5ドルのギフトカードだったといいます。 サムさんの友人は、自身のFacebookに「スタバは肝心なことがわかっていない。これは名前の綴りを間違えたことに対する苦情ではなく『言語障害をもつ人にどう接するか』ということなんだ」と投稿し、従業員たちに理解を訴えました。以上、grapeが伝えています。

スタバで注文した吃音の男性 渡されたカップを見て衝撃を受ける  –  grape [グレイプ]スタバで注文した吃音の男性 渡されたカップを見て衝撃を受ける – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部