2018/7/14 13:07

不整脈で「心肺停止」した女性....絶体絶命も、“まさかの方法”で自力で生還!

涙

体内の電気信号が乱れ、脈が不規則な動きをしてしまう「不整脈」。時に突然死の原因にもなる恐ろしい症状です。 漫画家の弾正よしかげ(@necoguruma3)さんは20歳の頃、不整脈で突然心臓が止まり、脳が酸欠で立ち上がれない状態に。絶体絶命の大ピンチでしたが、そこで脳裏によぎったのは「まだHxH(有名漫画)の最終回見てないし!」「漫画の原稿出しっ放しだ!」という“未練”。こんなところでは死ねない!という熱い思いが、再び心臓を動かしたのだといいます。翌日、病院へ行き心臓カテーテル手術を受けたよしかげさん。「慢性的に不整脈になる場合は、病院に行くことをオススメします」と語っていますが、いざという時のために「死ねない!!」と思えるような強い未練を用意しておくと良いかもしれません、とgrapeが伝えています。

不整脈で心拍停止した女性 「もうダメかも」と思ったが、とある対処法で生還!  –  grape [グレイプ]不整脈で心拍停止した女性 「もうダメかも」と思ったが、とある対処法で生還! – grape [グレイプ]

編集者:いまトピ編集部