2018/7/13 13:16

被災地に「〇〇は必要ない!」ネットで議論に

災害

日本では長寿のシンボルとして贈る習慣のある「千羽鶴」。 熊本地震で千羽鶴が送られたが、それよりも実用的な物資を送ったほうが、被災者に対し効果的であるという議論が巻き起こっていたと秒刊SUNDAYでは紹介しています。 被災地に千羽鶴を送っても、場所も取る上重く、モノがモノですから捨てづらい、食べ物でもなければ売ってお金にできるものでもない。という事です。 千羽鶴よりも気持ちのこもった、かつ実用的なモノが見つかれば解決法につながるのかもしれませんね。

被災地に「千羽鶴は要らない!」善意と無駄の議論で対立がSNSで激化|面白ニュース 秒刊SUNDAY被災地に「千羽鶴は要らない!」善意と無駄の議論で対立がSNSで激化|面白ニュース 秒刊SUNDAY

編集者:いまトピ編集部