2018/7/13 11:32

「立ち食いそば」の危険性、中国産“毒入りそば粉”が日本にも...

蕎麦

日本食の代表格のひとつであるそば。しかし、もはや中国産のそば粉なしには成り立たない状況です。中国産そば粉は日本国内供給量のなんと4割以上。日本の外食に巧みに紛れ込む中国産そば粉の危険性について、こう明かしています。中国国内では昨年、寧夏・ウイグル族自治区産のそば粉から発がん性も指摘されるカビ毒のマイコトキシンが検出。上海市や湖北省で販売されていたそば粉からは基準値を上回る鉛が見つかり、それぞれ食品当局が回収する事態になりました。こうした“毒入りそば粉”の日本流入をすべて把握するのは難しいんです。以上を日刊SPAが紹介しています。

「立ち食いそば」の危険性 中国産“毒入りそば粉”は日本に流入しているのか? « 日刊SPA!「立ち食いそば」の危険性 中国産“毒入りそば粉”は日本に流入しているのか? « 日刊SPA!

編集者:いまトピ編集部