2018/7/10 08:23

そこまでして優先席に座りたい?老人の「呆れ行動」への逆襲がスゴイ...

優先席

高齢者の方がそこまでして、席に座りたいのか。優先席に座りたいのか。というエピソードを紹介します。ハイキング帰りに、電車で座っている若者の前に立って、その若者に聞こえよがしに「まったく、この頃の若い人たちは、思いやりとか、いたわりの心がないね」「そうよ、そうよ」「昔はね、譲ったものだな」などと話したりしていた高齢者。そのようなことを言っていたら、その若者が「あんたら、なに言ってるんだ。ハイキングの帰りだろ。それだけの体力があるなら立ってたっていいじゃん。こっちとらはこれから仕事だよ。仕事に行くんだ。オレたち若い連中の働きによって年金貰ってさ、あんたら暮らしているんだぜ。ハイキングに行けるのもオレたちのおかげなんだ。けど、俺たちがあんたらのような歳になったら、年金があるかないか。ハイキングなんか行けない。ちょっとはそのこと、考えろよ」と一喝、逆襲されたといいます。以上を東洋経済オンラインが紹介しています。

「優先席に座れて当然」と思う高齢者の勘違い | 同調圧力に負けない生き方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準「優先席に座れて当然」と思う高齢者の勘違い | 同調圧力に負けない生き方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

編集者:いまトピ編集部