2018/6/24 14:50

「日本の住み心地の良さ」ランキング2018の結果が意外過ぎる、1位はまさかの...

街

東洋経全国の814都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」に注目が集まっています。関東(東京・埼玉・神奈川・千葉・栃木・群馬・茨城)のトップは全国1位の印西市(千葉)。2位は昨年と同じく守谷市(茨城)、3位は昨年のブロック14位から順位を上げた中央区(東京)という結果に。3位の中央区(東京)は東京23区のほぼ中央に位置。中央区では東京オリンピック・パラリンピックの選手村の開発も進行中だ。五輪後には住宅転用され、20棟以上のマンションに約5650戸が整備される予定だ。そのため、2020年以降も引き続き人口増加が予想されるなどと済オンラインが伝えています。

「住みよさランキング2018」関東・北日本編 | 住みよさランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準「住みよさランキング2018」関東・北日本編 | 住みよさランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

編集者:いまトピ編集部