2018/6/14 18:52

【危険】◯◯のおにぎりに要注意・・・

おにぎり

食中毒は気温が上がる6月から急激に増えてきます。手の常在菌である黄色ブドウ球菌は食中毒の主な原因の1つです。現代では衛生的な食品の取り扱いが徹底されているので、黄色ブドウ球菌による食中毒は減少傾向にありますが、家庭内での食中毒発生例が増加してしまう危険性があります。全国で梅雨入りし、これからがまさに要注意シーズン。衛生面に配慮し、おにぎりはラップや食品用手袋で握るのが良いそうです。食品は時間の経過とともに腐敗するので、作ったらすぐに食べることも意識してください。とNEWSポストセブンが伝えています。

食中毒に注意「素手で握ったおにぎり=発酵食」説の危険性│NEWSポストセブン食中毒に注意「素手で握ったおにぎり=発酵食」説の危険性│NEWSポストセブン

編集者:いまトピ編集部