2018/6/13 14:08

絶対に読んで欲しい「小学生の頃に誘拐されかけた話」が本当に怖い

大川

知人から聞いた「小学生の頃に誘拐されかけた話」が本当に怖い 。ーという記事が話題を呼んでいます。・母を駅で待っていたYさんYさんの日課は、地元の駅に到着したら公衆電話から家に電話すること。連絡するとお母さんが車で迎えに来てくれたそうで、その日もYさんは家に電話しお母さんのお迎えを待っていたらしい。しばらくすると、Yさんの目の前に白いセダンが停車した。そして運転席の男はYさんにこう言ったという。「お母さんが怪我をして病院に運ばれたから、おじさんの車で一緒に行こう」もちろん男性はアカの他人で面識はない。Yさんはつい2~3分前にお母さんと電話したばかりだったためこう答えた。「さっき電話で話したからボク待ってます」と。それを聞いた男は「そうか」とだけ言い残し、車は走り去っていったという。言うまでもなく、子供は親を盲目的に求めるものだ。「君の親が怪我をした」と言われ、動揺しない子供はいない。「知らない人について行ってはダメ」。親ならば子供にそう教えるハズなどとロケットニュース24が伝えています。

【ゾッとする実話】知人から聞いた「小学生の頃に誘拐されかけた話」が本当に怖い / 子供がいる人は絶対に読んで欲しい | ロケットニュース24【ゾッとする実話】知人から聞いた「小学生の頃に誘拐されかけた話」が本当に怖い / 子供がいる人は絶対に読んで欲しい | ロケットニュース24

編集者:いまトピ編集部