2018/5/24 18:13

〇〇薬を飲むと「心臓発作のリスク」が3、4倍増加する

心臓

健康に気を使っていたはずなのに…。心臓発作との関係があまり知られていない原因で心臓発作を起こす人は、米国で年間150万人いるのだそう。そこでMYLOHASが紹介するのは、薬と心臓発作の関係。 鎮痛剤として、イブプロフェンやナプロキセンなどの非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)を服用する。ですが、感染症の専門誌ジャーナル・オブ・インフェクシャス・ディジージズ誌に発表された研究によると、呼吸器の感染症にこれらの薬剤を使うと、心臓発作のリスクが3、4倍に増加するとわかったとのこと。これらの薬には出血のリスクを増加させ、傷つきやすい心臓の血管で血栓のリスクも高める可能性があるそうです。薬は改めて丁寧に使いましょう。

肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因 | MYLOHAS肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因 | MYLOHAS

編集者:いまトピ編集部