2018/5/20 09:33

年間5万人を襲う「突然死」の予兆…”○○の経験がある人”は要注意

痛い

突然死とは予期していない病気の発生から24時間以内に死亡してしまうことで、年間5万人が突然死で亡くなっています。そして突然死のうち、心臓関係の「心臓突然死」が6割を占めているのですが、予兆を知る方法として定期検診で心臓病がないことを確認することが大事だそうです。また、失神発作やめまい、目の前が真っ暗になるなどの発作経験がある人は要注意で、運動時の息切れや、胸がバクバクと躍るような動悸、胸の痛み、締め付けられる感じなどの経験がある人も注意が必要だと、「All About」が伝えています。

年間5万人を襲う突然死…6割を占める心臓突然死の前兆 [心臓・血管・血液の病気] All About年間5万人を襲う突然死…6割を占める心臓突然死の前兆 [心臓・血管・血液の病気] All About

編集者:いまトピ編集部