2018/4/16 09:41

「良い先生」と「悪い先生」の違いは”○○の量”を見ればわかる

教師

32の小学校で教壇に立った現役教師が「よい先生」の見分け方を説明しています。子どものことを考えず、自分の都合、学校の都合で授業や指導する先生は悪い先生とのこと。また、やたらと宿題をだす先生も注意が必要だそうです。授業内で子どもの実力を伸ばすことが原則で、毎時間授業の最初を工夫し、子どもを引きつける先生がよい先生だと、「現代ビジネス」が伝えています。

32校で教壇に立ったから分かる「本当によい先生」の見分け方(須貝 誠) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)32校で教壇に立ったから分かる「本当によい先生」の見分け方(須貝 誠) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

編集者:いまトピ編集部