2018/3/12 17:55

ガンやアレルギーを引き起こす「身近すぎる危険な食品」

カレー

近年、花粉症やアレルギー性鼻炎、ハウスダストなどのアレルギー症状を持つ人が増加しています。その原因の一つである「トランス脂肪酸」の摂取に関する注意点を『beautyまとめ』が紹介しています。 トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニング、植物油脂などに多く含まれている成分。2015年にはアメリカで全面使用禁止になるほど危険な油ですが、日本ではまだ表示の規制がありません。 植物油に水素を添加して生成されるトランス脂肪酸は、摂取してから分解に非常に時間がかかり、ビタミン・ミネラルを大量に消費。さらに血管や皮膚が弱くなり、有害物質が体内に吸収されやすくなってしまいます。これがアレルギーを引き起こす原因の一つと言われているのだそう。発ガン性があるという報告もあるため、できる限り摂取を避けたいものです。 よく含まれているのは、菓子パンやお菓子類、カレーやコーヒーフレッシュ、マヨネーズなど、普段よく口にするものばかり。「マーガリン」「ショートニング」「植物油脂」などの表示がないか確認し、食品を購入したほうが良さそうです。

アレルギーの原因は○○だった!?健康に害をもたらす危険な食品|beautyまとめアレルギーの原因は○○だった!?健康に害をもたらす危険な食品|beautyまとめ

編集者:いまトピ編集部