2018/2/24 19:17

うつ病の人がよく使う「うつ語」の特徴とは?

うつ

うつ病の人が書く文章の特徴は、否定的な感情を過剰に表現する、「私」「自分」など1人称代名詞のの多用、「絶対」「完全」といった言葉の多用の3つ。うつ病の人が書いたものの特徴として、否定的な感情を過剰に表現していることが挙げられ、「孤独」、「悲しい」、「寂しい」、「飛散」など、否定的な形容詞や副詞を多用する傾向にあったと、「カラパイア」が伝えています。

うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究) : カラパイアうつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究) : カラパイア

編集者:いまトピ編集部