2018/2/20 08:48

「日本人は世界一、口臭がきつい」...認知症との関係も

歯ブラシ

世界でも日本人の口臭は最も強烈だといわれています。他国と比べ80代で残っている歯の数は平均10本以下と少なく、寝たきりになってしまう人も多い。その原因に『歯磨き』が大きくかかわっているんです。1日3回、食後3分以内に、3分間歯を磨く”というのは、大きな間違い。実は食後に軟らかくなった歯を元に戻す働きをしているのが唾液で、30~60分かけて元に戻すことがわかっています。しかも唾液には強い抗菌作用もあり、虫歯菌や歯周病菌などの口内細菌を除去してくれます。食後の歯磨きは大切な唾液を洗い流してしまうので、逆に口内細菌が増殖しやすくなるのです。歯周病菌は口臭の原因になるだけでなく、脳卒中や心筋梗塞を引き起こします。また、糖尿病になりやすくなります。さらに、歯周病によって歯を失い、物を噛めなくなると、脳への刺激が減って認知症にもつながります。 以上をNEWSポストセブンが紹介しています。

日本人は世界一口が臭い!?目から鱗の口腔ケア新常識│NEWSポストセブン日本人は世界一口が臭い!?目から鱗の口腔ケア新常識│NEWSポストセブン

編集者:いまトピ編集部