2018/2/14 13:48

納得...!「お金が貯まる人と貯まらない人」の違いはコレだった

とあるファイナンシャルプランナーのインタビューが話題を呼んでいる。「お金を貯めている人には、2つのパターンがあります。『老後の不安を解消するために貯めている人』と『気づくと貯まっている人』です」注意が必要なのは、前者の不安解消タイプ。このタイプの人は、どれだけ貯めても安心できず、たとえキャッシュで3000万円を持っていても、旅行や贅沢は一際できず、一生不安と闘いつづけることになります。これではちょっと寂しい気がしますよね。一方、「気づくと貯まっている」という人は、心にも暮らしにもゆとりがあることが多いそうです。藤川さんは、それには以下の3つの理由があるといいます。(1)支出の管理ができている(無駄な支出がないから、どんどん貯まる)(2)他人と比較しない(自分は自分だから、どんな暮らしでも不幸だとは感じない)(3)我慢しない(欲しいモノを我慢しているわけではない)などとPRESIDENT Onlineが伝えています。

20代で1000万貯めた人は我慢を知らない | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online20代で1000万貯めた人は我慢を知らない | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

編集者:いまトピ編集部