2018/1/22 19:03

〇〇を食べると「風邪薬」が効かなくなる!

薬

「風邪薬はキャベツで効果がなくなる」と女性自身が紹介しています。日本くすり教育研究所代表理事を務める加藤哲太先生によると「解熱鎮痛成分としてアセトアミノフェンが含まれている風邪薬は、キャベツに代表されるアブラナ科の野菜と相性が悪く、効き目が落ちてしまう場合がある」そう。キャベツや白菜、小松菜、ブロッコリーなどのアブラナ科の野菜などに含まれるグルクロン酸という成分がくせもので、この成分はアセトアミノフェンを代謝し、尿として体外に出してしまう働きがあります。このため、この成分を含む風邪薬の効きが悪くなるそう。また、酢と胃腸薬、解熱鎮痛薬で脳症になったり、コーラで風邪薬を飲むと頭痛が起きるといった例も紹介されています。

風邪薬はキャベツで効果ゼロに!「市販薬」のアブない飲み方風邪薬はキャベツで効果ゼロに!「市販薬」のアブない飲み方

編集者:いまトピ編集部