2018/1/17 17:53

「寝る前スマホ」を続けた結果・・・

スマホ

ヘルスプレスが就寝時の電子機器(スマホなど)の使用と、睡眠と注意力への影響を分析した結果を紹介しています。 その結果、「過体重」「肥満」になるリスクが2倍以上と認められました。 他にも、「一晩の睡眠時間が30分短い」 「寝つきが悪い傾向」 「すぐに目が覚めてしまう弊害」など、入眠時に電子機器を使用する弊害は意外にも多いようです。

寝る子にスマホは触らすな!  就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS寝る子にスマホは触らすな! 就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

編集者:いまトピ編集部