2017/12/14 14:53

危険!「目薬」が体内に入ると…

女性

目薬の薬液が目からあふれ落ちることで、目の周囲に付着すると、湿疹やかゆみ、異物感、ドライアイの原因になります。また、あふれた薬液が鼻涙管を通って体内に侵入すると、薬液の成分によっては、心拍数を早めたり、逆に遅くしたりして不整脈を引き起こす場合もあるのだそう。このように、目薬がこぼれて鼻から体内に入ってしまうことで健康被害をもたらすことがあるそうです。これを受けて、2017年11月に開かれた米国眼科学会学術集会では、ほとんど無駄なく点眼できる新しい点眼器も発表されました。2020年までに市販化を目指しているとのことですが、それまではなるべく目薬をこぼしてしまわないように気をつけましょう。以上、『J-CASTヘルスケア』が伝えています。

目薬がこぼれ落ちるのは体に悪かった! 米病院、目からあふれない点眼器を開発 : J-CASTヘルスケア目薬がこぼれ落ちるのは体に悪かった! 米病院、目からあふれない点眼器を開発 : J-CASTヘルスケア

編集者:いまトピ編集部