2017/12/11 18:34

宝くじで「3億円当選」した人の末路は…

お金

宝くじで3億円当たったというある40代前半の女性は、宝くじが当たるまでは、手取り20万円程度のお給料をやりくりして堅実に暮らしていたそうです。しかし、仕事を辞め、収入がなくなってしまったにもかかわらず、ブランド物のバッグや靴、時計、洋服を買いまくり、高級レストランや海外旅行にも行きまくって、それまでとは真逆な派手な生活を送るようになってしまいました。やがて、周囲からちやほやされることに慣れてしまって、友人や家族に高飛車な態度をとるようなってしまい、せっかく夢の一攫千金を手にいれたのに、結果的に、仕事も友人も家族も、お金も失ってしまったそう。宝くじが当たって幸せになれるかどうかは、大金を扱う器があるかどうかにかかっていると言えそうです。以上、『OTONA SALONE』が紹介しています。

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?|MONEY|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 女の欲望は おいしく。賢く。美しく。宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?|MONEY|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 女の欲望は おいしく。賢く。美しく。

編集者:いまトピ編集部