2017/12/7 21:46

尿で誰でもわかる"病気のサイン"

排尿は毎日必ずするものだからこそ、色や臭い、出方の変化を細やかに知ることができる。◆泡立ちでわかることとしては、その泡がなかなか消えなければ、糖尿病や肝機能障害が疑われる。◆色でわかること。1「『濃いピンク色』の尿は血液が尿の中に混じっていることが原因で、膀胱がんなど命に関わる疾患の可能性があります。 2「白っぽく濁った尿」が出た場合は膀胱炎や尿道結石、尿管結石になり、尿の中に膿が混ざると、白く濁った尿が出ることがあります。淋病でもこういった症状が出る。などいろいろなサインを見極めてください。Infoseekニュースが伝えています

尿の色が教える病気のサイン ピンク、白濁、濃黄、無色透明- 記事詳細|Infoseekニュース尿の色が教える病気のサイン ピンク、白濁、濃黄、無色透明- 記事詳細|Infoseekニュース

編集者:いまトピ編集部