2017/12/7 08:20

◯◯を多用する…「バカっぽい」文章の特徴

形容詞Amazon

直感的で主観的な言葉である「すごい」「おもしろい」などの「形容詞」を使いすぎると、文章が「バカっぽく」なり、読者の理解を得にくくなるそうです。形容詞を言い換える表現の例として『PRESIDENT Online』が以下を伝えています。 ◼︎1:分析的に言い換える…「人間の身体はすごい。」→「人間の身体は精巧に作られている。」 ◼︎2:客観的に言い換える…「早朝の羽田空港は人が少なかった。」→「早朝の羽田空港は人が少なく、いつもは行列ができる保安検査場に誰も並んでいなかった。」 ◼︎3:間接的に言い換える…「会議がつまらなかった。」→「今日は、意味のある人にとっては意味のある会議だったかもしれないね。」「今日の議題は、ルーティンの内容が多かったので新鮮味に欠けたね。」・・・など。ぜひ参考にしてはいかがでしょうか。

形容詞を多用すると文章はバカっぽくなる | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online形容詞を多用すると文章はバカっぽくなる | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

編集者:いまトピ編集部