2017/12/7 08:07

早死するより19倍も怖い…「長生き」のリスク

病気

60歳前で亡くなるのは、20人に1人以下、5%以下だそうです。もし、あなたが新卒として働き始めると同時に生命保険に加入し、定年の60歳まで加入し続けたとします。その生命保険のうち、毎月1万円分が死亡保障のための掛け捨てだとすると、「5%」の人は数千万円の死亡保障を遺族に残すことができます。一方、残りの「95%」の人は22歳から60歳までのあいだに456万円を保険料として支払います。つまり、「60歳までに死ななかったら456万円損する」と言えるのです。実際、日本には多くの公的保障があり、それほど大きな不安を抱えなくてもよい環境にあります。まずは、生命保険料を見直すだけでなく、その分はきちんと老後に備えるべきであると『PRESIDENT Online』が伝えています。

早死より19倍も怖い「死なない」リスク | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online早死より19倍も怖い「死なない」リスク | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

編集者:いまトピ編集部