2017/11/13 08:58

死に至ることも!「食べ過ぎてはいけない」意外な食べもの・8選

銀杏

適量を超えて食べ過ぎると、健康によくない「鍋周りの食材」をヘルスプレスが紹介しています。まず、銀杏(ぎんなん)は脳をダマし、食べ過ぎると場合によっては「死に至る」食材だそう(死亡例も2件)。頭痛や吐き気、痙攣や嘔吐に見舞われることも多く、銀杏に含まれる「ビタミンB6もどき」の成分が原因。また、注意を喚起したい成分として「チラミン(Tyramine)」を挙げ、チーズも食べ過ぎると中毒を起こし、頭痛や顔面紅潮、急激な血圧上昇などが発現する可能性を秘めているとのこと。また、ワインも「頭痛を招きやすい」そうです。他にも焼き鳥でおなじみの「レバー(鶏の肝臓)」や、辛いもの好きの定番メニューである「キムチ」、「ピクルス」、「チョコレート」もチラミンが含まれているそうです。さらに、「おでん」も出し汁の「塩分過多」に注意とのこと。

意外な食べ過ぎ注意は……銀杏、ワイン&チーズ、鳥レバー、キムチ、チョコ、おでんetc|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS意外な食べ過ぎ注意は……銀杏、ワイン&チーズ、鳥レバー、キムチ、チョコ、おでんetc|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

編集者:いまトピ編集部