2017/10/22 15:23

◯◯は忘れるべき!「人間関係の失敗」を減らす方法

いまトピ

精神科医の名越康文(なこし・やすふみ)先生は、『本当に良い「親切」って、たぶん無意識に行っていること』だと語っています。仕事やプライベートで、誰かに何かしてあげたとき、つい見返りを求めてしまうことはあるはず。しかし、それは、自己犠牲の快楽へと変わる「面倒くさい親切になる」のだそう。親切の「貸し借り」のパワーバランスが気になりすぎてしまうと、結局、対人関係をぎくしゃくさせてしまうと言います。そのために、自分がした「親切は忘れる」くらいでちょうどいいのだそうです。以上、『ウートピ』が紹介しています。

自分がした「親切」は忘れよう。人間関係の失敗を減らす一つの方法|ウートピ自分がした「親切」は忘れよう。人間関係の失敗を減らす一つの方法|ウートピ

編集者:いまトピ編集部