2017/10/21 09:40

服を買いまくる…「おしゃれ病」の危ない兆候

いまトピ

『おしゃれであることはどれくらい大事なのでしょうか? 私は装うおしゃれに疲れています。』という質問に対し、ファッションブロガーの小林直子さんは「おしゃれでなければいけないと考えるあまり、『おしゃれ病』を発症している方が多くいる」と伝えています。『おしゃれ病』とは、おしゃれでなければいけないという強迫観念から、買い物依存症になり、服を買うことも苦しみになるというもの。小林さんは、「すべての人がおしゃれである必要はない」また、「ファッションに関係する人が、誰かのことを「おしゃれじゃない」「ダサい」と言うのを聞いたことがありません」と語っています。以上、『女子SPA!』が紹介しています。

何を着るか悩み、服を買いまくる「おしゃれ病」の危ない兆候 | 女子SPA!何を着るか悩み、服を買いまくる「おしゃれ病」の危ない兆候 | 女子SPA!

編集者:いまトピ編集部