2017/9/14 08:10

流行のダイエットが「糖尿病」の原因に

いまトピ

近年、ダイエットの定番として定着しつつある「糖質制限」。白米や麺類などのタンパク質を制限する方法ですが、なんと糖質を制限しているにも関わらず「糖尿病」のリスクが高くなる可能性があることがわかりました。 原因は、低炭水化物にともなう「動物性タンパク質」と「動物性脂質」を多く摂取してしまうこと。この習慣が、糖尿病を引き起こすだけでなく「心筋梗塞」や「脳卒中」といった血管の障害をも増加させていると、NEWSポストセブンが伝えています。

低炭水化物+高動物性蛋白・脂質 糖尿病の発症リスク高い│NEWSポストセブン低炭水化物+高動物性蛋白・脂質 糖尿病の発症リスク高い│NEWSポストセブン

編集者:いまトピ編集部