2017/8/13 09:20

保育士が教える、「長期休み」のNG過ごし方3つ

いまトピ

夏やすみは、普段保育園へ通う子供たちが家族と一緒に過ごせる楽しい時間です。しかし、保育園の生活に慣れた今の時期の長期休暇は、日常の生活に戻った時に影響が出ることがあります。そこで、It Mamaは長期休暇の際に家で気をつけてもらいたいことを3つ紹介しています。1:「生活リズム」はできるだけ変えない。1日2日なら平気ですが、3日4日……1週間となると, 生活リズムを戻すまでに時間がかかってしまいます。2:大人に合わせた味の「食事」に要注意。濃い味に慣れてしまうと塩分摂取量が決まっている保育園の給食を物足りなく感じてしまい食べなくなってしまう可能性がります。3:「イライラして怒る」ことは避ける。大好きなママとずっと一緒にいられることで幸せいっぱいな子供の気持ちを理解し、できるだけ受け止めてあげることが大切です。

休み明けに影響!? 保育士が教える「長期休み」のNG過ごし方3つ - It Mama(イットママ)休み明けに影響!? 保育士が教える「長期休み」のNG過ごし方3つ - It Mama(イットママ)

編集者:いまトピ編集部