2017/8/12 20:28

頭痛・肩こりになる「悪い座り方」

ぱくたそgoo画像検索

悪い姿勢とは、背中を丸める、机に肘をつく、体が利き手の方に傾く、足を組むなど。このような姿勢を長く続けると、頭の重みで筋肉が緊張して血流が悪くなり、疲労物質が増えて痛みを誘発するだけではなく、実は痛み以外にも「肩こり・腰痛などの痛み」「内臓の働きが悪くなる」「体型が崩れる」などの症状がでるとか。自律神経がアンバランスになり、頭痛、めまい、吐き気、寝つきが悪いなどの症状もでると、「JIJICO」が伝えています。

背中丸めた「悪い座り方」が頭痛・肩こりを招く!「良い座り方」とは? │asQmii[解決!アスクミー] JIJICO背中丸めた「悪い座り方」が頭痛・肩こりを招く!「良い座り方」とは? │asQmii[解決!アスクミー] JIJICO

編集者:いまトピ編集部