道の駅のトイレにあった「貼り紙」の発想が天才だと話題に→ネット民「一休さん的なセンスの良さ」

2021/6/6 22:47ヤタローヤタロー


公衆トイレに備え付けてあるトイレットペーパーが盗まれることがあるそうです。公衆トイレに置いてあるトイレットペーパーは誰でも自由に使えるため、持ち出しても問題がないと錯覚する人もいるようですが、窃盗罪に問われる可能性があるそうです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんは、道の駅でトイレに行ったときに見つけた貼り紙について「発想が天才」と紹介しています。

その貼り紙には「【大好評販売中】当店で使用されているトイレットペーパーは盗まれるほど大人気!そのため、ご好評につき販売することになりました!購入をご希望の方はお手数ですが、レジまでお持ちください。1巻50円」と書かれています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

















「1巻 50円」と書かれていれば、備え付けてあるトイレットペーパーが「商品」であるという認識が高まりますので、「トイレットペーパーぐらい持って帰っても大丈夫だろう」と考える人はかなり減る気がします。良いアイデアですね!

なお、無断駐車が耐えなかった月極駐車場のオーナーから聞いた話では、「無断駐車は罰金2万円」と注意書きをしてもあまり効果がなかったそうですが、文面を「有料駐車場 1回1万円」と書き換えたところ、無断駐車がぴたりと止んだそうです。逆転の発想ですね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)