「桜・梅・桃・杏・李のみわけ方」がわかりやすいと話題に→ネット民「勉強になります」「お見事」の声

2021/3/7 22:58ヤタローヤタロー


春は桜が美しい季節です。でも桜だと思っていたら、実は梅だったり、あるいは桃だったりした経験はないでしょうか?桜や梅、桃って花が似ているので、間違えてしまうことがあります。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




もじゃクッキーさんが投稿したのは、桜・梅・桃・杏(あんず)・李(すもも)の見分け方、描き分け方を記したメモ。それぞれの花びらや咲き方の特徴がわかりやすいイラストで解説してくれています。なお、品種によって少し違うこともあるそうです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

















桜・梅・桃・杏・李はいずれもバラ科の植物ということで、花も似ているんですね。見分け方は、花びらに切れ込みがあれば桜で、切れ込みがなければ、桃・杏・梅のいずれか。また、葉と花が同時に開いていれば桃で、花だけ開いている場合は梅または杏。1つの節に1つの花が咲いていれば梅、複数の花が咲いていれば杏だそうです。

なお、投稿者さんは「待ち受けにしたい」というリクエストに応え、壁紙サイズの画像も投稿してくれています。キレイなイラストですね。




(いまトピ編集部:ヤタロー)