公園の貼り紙に書かれている「注意書き」に目を疑った→ネット民「無茶苦茶ですね」「いやな世の中」

2021/3/1 22:30ヤタローヤタロー


子供を外で遊ばせるために一番身近な場所と言えば公園ですよね。公園へ行くと、子供達が楽しそうにはしゃいだり大きな笑い声が聞こえてきて微笑ましいですよね。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




安岡寺👀おめめさんは、お子さんと一緒に近所の公園に行ったところ、公園のフェンスに一枚の貼り紙が取り付けてあったそうです。

そこには「最近小さなお子様の遊んでいる声がうるさいという苦情が寄せられています。地域住民の方には、退職されて家にいる時間が多いお年寄りの方、テレワークの方、夜勤明けの方などお昼の時間でも静かな環境を確保したいという方がいらっしゃいます…」といった注意が書かれています。 安岡寺👀おめめさんは「目を疑った。児童遊園で昼間に子供遊ばしたらあかんのか?」とつぶやいています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。





















貼り紙には「苦情が寄せられています」といったように、さも自治体からの注意のように書かれていますが、多くの方が仰っているように一個人が貼ったように思います。たしかに、夜勤明けの人やリモートワークをしている人にとっては、子供の声がうるさく感じることがあるかもしれませんが、子供が公園で声を出さないように遊ぶなんていうのは難しい話ですよね。子供を黙らせるよりも「静かな環境を確保したい人が引っ越す」ほうが無難ですよね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)