道の駅で撮影された「震度6強を乗り越えた勇者達」が話題に→ネット民「面構えが違う」「ご利益ありそう」の声

2021/2/21 22:30ヤタローヤタロー


2月13日、福島県と宮城県で、最大震度6強の強い地震がありました。多くの人々が怪我をしたほか、建物の全壊や半壊、交通機関の運休など多くの被害をもたらしました。そんな震度6強の地震を乗り越えた「勇者」が話題になっています。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




天然パーマと縮毛矯正さん(@kyrie0kyrie)がTwitterに投稿したのは、先週の地震で被害のあった「道の駅 国見 あつかしの郷」で撮った一枚の写真。そこには「震度6強を乗り越えた勇者達」として、地震でもビンが割れなかったお酒が写っています。投稿者さんは「ある程度復旧していたようでよかった。そして逞しかった。」とつぶやいています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

















陳列棚から落下してパッケージラベルが汚れている商品もあり、安売りしているということはないそうですが、震度6の揺れに耐え抜いたわけですから、御利益がありそうですね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)