医師「便が限界まで漏れそうな時」に効果的なポーズがコチラ!→ネット民「役立つ」「最終の砦」の声

2021/2/19 23:35ヤタローヤタロー


お腹の調子が悪いときなどは、トイレがない場所やトイレに行かれない状況で便意をもよおすと本当に辛いですよね。冷や汗をかきながら我慢したり、トイレに向かって猛ダッシュしたりした経験がある人は多いのではないでしょうか。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




移植外科医のだいがんさんによると、「絶対知っておいてほしいライフハック」として「便が限界まで漏れそうな時は、一旦肛門括約筋のゲートを捨てましょう。お尻の筋肉(大臀筋)に力を入れて寄せてあげれば意外に漏れません」とのことです。また、脚をクロスさせると効果的とのこと。その後、体勢を整えてから肛門に力を入れ直すと持ち直すそうです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。















トイレに駆け込んだのに個室が空いてなかった場合など、顔が青ざめるほど大ピンチな状況に陥りますが、こうやって脚をクロスすれば耐えられるんですね。これは良いことを聞きました!


(いまトピ編集部:ヤタロー)