ホールケーキの「号」というサイズを「直径」に換算する方法が話題に→ネット民「勉強になりました」の声

2020/11/19 22:30ヤタローヤタロー


誕生日のお祝いやクリスマスなどでケーキを「ホール」で買うことってありますよね。ホールケーキのサイズって「5号」とか「6号」などの号数で表示されることが多いのですが、実物をみたり、直径をcmで教えてもらったりしないと、ケーキの大きさをイメージしずらいことがあります


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんによると、ホールケーキのサイズがわからないときは「号」という単位に「3cm」を掛けることで、直径がわかるそうです。例えば「スペシャルショートケーキ 5号」と記載があった場合は「5✕3=15」が実際のケーキの直径、つまり直径15cmの商品、。「6号」の場合は「6✕3=18」で直径18cmの商品とのことです。

なお、このサイズは「スポンジ」の大きさですので、あくまでも目安として考えるといいそうです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。














ケーキを電話などで予約注文するときに、号数のサイズの目安がわかっていいですね。とても勉強になりました。ちなみに「植木鉢」のサイズも号数に3cmを掛けると直径がわかるそうです。

なお、直径がわかっても「何人分」なのかがわかりにくい場合は、4号:2〜4人分、5号:4〜6人分、6号:6〜8人分、7号:6〜8人分、8号:10〜12人分、9号:12〜14人分——が目安になりますので、参考にしてください。


(いまトピ編集部:ヤタロー)