フッ素樹脂加工(テフロン加工)のフライパンは調理直後に○○してはいけない…→ネット民「知りませんでした」の声

2020/10/31 22:50ヤタローヤタロー


フッ素樹脂加工のフライパンって表面がすべすべで、調理した食材がくっつかなくて便利ですよね。でも、フッ素樹脂加工のフライパンって実はかなりデリケートで、使い方を誤ると寿命を縮めてしまうそうです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんは、ふっ素樹脂加工(テフロン加工)のフライパンは急に水で冷やすと表面の加工が痛むので、「2分程度お待ちを…」と呼びかけています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。
















フッ素樹脂加工のフライパンは、調理後に急激に水で冷やすのはNGだったんですね。ほかにやってはいけないのが「強火で使う」ことだそうです。フッ素樹脂加工は高温に弱く、耐熱温度を超えると加工が剥がれやすくなるのだとか。もちろん「空焚き」も厳禁とのことです。

そのほか、傷つけないようにすることも大切なので、先の尖った金属ヘラを使うと傷が付いたりフッ素樹脂加工が剥がれやすくなるので、木製のヘラや樹脂製のものを使い、洗うときは食器用スポンジのざらざらした面は使わないようにしましょう。


(いまトピ編集部:ヤタロー)