「かに道楽」の巨大な動くカニの脚が2本食べられている…と話題に→ネット民「働かせ過ぎだよ」の声

2020/10/20 22:30ヤタローヤタロー


カニ料理専門店「かに道楽」と言えば、店頭にある巨大な動くカニの看板が有名ですよね。しかし、大阪の道頓堀にある「かに道楽 道頓堀本店」のカニ看板が悲しいことになっているようです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




銀嶺睦月さん (@soma_MH)がTwitterに投稿したのは、「かに道楽」の巨大なカニの看板の写真。でも良く見ると左の脚が2本なくなっています。甲羅には「あちゃ〜勤続疲労で折れちゃった?」と書かれています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。












ニュース等によると、この巨大なカニ看板は24年間稼働しているそうですが、今回大がかりな修理が必要となり、23日まで脚が2本ない状態が続くとのことです。

ちなみに、このカニ看板は外国人観光客にも人気のスポットらしく、パンフレットなどでは大阪のランドマーク的な存在として取り上げられているそうです。



(いまトピ編集部:ヤタロー)