中国から正体不明の「種」が届いたという報告が相次ぐ。農林水産省も注意喚起…→ネット民「ヤバい」

2020/8/1 22:30ヤタローヤタロー


「中国から謎の種子が届く」という報告が全米で相次ぎ、問題になっているそうですが、最近は日本にも注文をしていないのに海外から郵便などで種が送られてくる事例があるようです。不気味ですね。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者のきのこますおさん (@KinokoMasuo)は、中国郵政から謎の種が届いたそうで、その写真をアップしています。その写真には、アサガオの種に似たものが写っています。投稿者さんがアマゾンの送り先として使用している住所に届いたそうで、特に説明書も送り主も何も書かれておらず、種が入っているだけだそうです。これは怖いですね。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。










また、米国のCNNニュースでは、州当局が、環境に壊滅的影響を与える「侵略的外来種」の可能性もあるとして、種をまいたり袋を開封したりしないよう警戒を呼びかけたそう。「在来植物や昆虫を駆逐あるいは破壊し、農作物に重大な被害を与える」と指摘したそうです。



また、農林水産省もこの問題についてTwitterでアナウンスしています。種が届いたら「そのままの状態で最寄りの植物防疫所にご相談ください」とアナウンスするとともに、「心当たりの無い種子が届いても、庭やプランターなどに植えないでください」、「種子がビニール袋に入っている場合は、ビニール袋を開封しないでください」と注意喚起しています。




なお、不用意に捨てると発芽する可能性もありますので、絶対に捨てないようにしましょう。


(いまトピ編集部:ヤタロー)