「私は…こういう知識を…!家庭科で学びたかった!」フレンチトーストは牛乳と卵を混ぜた液にパンを浸しがちだが…Twitter民「苦手だった理由がわかりました」と驚き(1/2)

2020/7/31 11:36DJ無音とMC無言DJ無音とMC無言


こんにちは。

三度の飯よりお菓子が好きな、DJ無音とMC無言です。

Twitterで、「フレンチトースト」に関するこんな投稿が話題になっています。




↑投稿者のおたま@男子二児の母(@otamashiratama)さんによると、NHK『ひるまえほっと』にて「レーズンパンのパンぺルデュ」のレシピが紹介された際、フレンチトーストは卵液を牛乳と混ぜて浸さず、焼く際に上からかけましょうとアドバイスされていたのこと。

パンを浸す液に卵が混ざるとしみ込みにくくなる上、卵に火が通らないと生臭くなってしまうのだとか。そのため、先に牛乳と砂糖を混ぜた液に浸し、卵液は後から…が美味しく作るコツだそうです。

この投稿には、34万件もの「いいね!」が付き、8万回以上RTされています。そして、これを目にしたTwitterユーザーからは、次のような声が寄せられました。


↑おたま@男子二児の母さんのツイートで紹介されたレシピを基にさっそく作ってみたという投稿者も。卵液が残らないため、洗い物がラクとのこと。たしかにそれは大きな利点!


↑実際にその通りにやってみたら、フレンチトーストぽいものと炒り卵ができたという投稿者も。私もこうなる未来が一瞬、見えました…。






↑分かります…私も実は、この生臭さが苦手であんまりフレンチトーストが好きではありませんでした。家族にリクエストされるのでしぶしぶ作るも「そんなに美味しいかな?」と疑問に思い「やっぱり美味しいと思えないな」を繰り返し…。原因は「卵」にあったのか…。

一方で





という声も。好みは人それぞれ、というところでしょうか。

    次へ

  1. 1
  2. 2