黄身が「むちむちねちねち」の濃いゆで卵を超カンタンに作る方法がこちら→ネット民「びっくり」「マジで神」と絶賛の嵐

2020/7/12 23:23ヤタローヤタロー


「ゆで卵」って、作り方がシンプルな割に時間が掛かるんですよね。また、せっかく作ったのに殻がうまくけなかった…といった経験は、ゆで卵を作ったことがあれば誰でも一度はあるのではないでしょうか。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




毎日ゆで卵を食べている投稿者さんによると、フライパンに水を1センチ張り、卵を入れて沸騰させたら蓋をして、5分経ったら火を止めてまた5分蒸らしたあと、冷水につけることで、ラーメン屋さんのような黄身がむちむちねちねちの濃いゆで卵が出来上がるそうです。また、殻もつるんと剥きやすいそうです。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。














何年か前にネットで知ってから、私もゆで卵を作るときは必ずこの方法です。火に掛ける時間も短くて済みますし、できたゆで卵の殻がつるんと剥けるんですよね。そして黄身が本当に「むちむちねちねち」なんです。超お勧めのゆで卵の作り方ですので、まだ試したことのない人はぜひ!


(いまトピ編集部:ヤタロー)