北海道のレジ袋には「◯◯専用袋」も選べる!?→ネット民「すげえ北海道!」「見たことない」の声

2020/7/2 22:00ヤタローヤタロー


7月1日からレジ袋の有料化がスタートしました。たいていのお店では複数サイズのレジ袋が用意されていて、買い物をした分量や品物のサイズにあわせて購入できるようになっています。地域によっては、その土地の風習や文化に合わせた専用袋が用意されることもあるそうです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんによると、北海道では大根のような感覚で気軽に鮭を買うので専用の袋があるそうです!


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。
















「高知では酒袋」というリプライがありましたが、「鮭」と「酒」って共通で使えそうなサイズ感でもあり、変換ミスのようでもありますが、投稿された写真にはちゃんと「鮭」が入っているイラストが載っているので、間違いではなさそう。

ただ、「大根のような感覚で気軽に鮭を(まるごと一尾)買う」というのは、北海道の人からもツッコミが入っていました。また、鮭専用の袋に関しては、北海道の人からも「見たことない」というリプライが多いので、置かれている店舗は限られているのかもしれませんね。


(いまトピ編集部:ヤタロー)