ファミレスで作業着の人をみた商談相手が「頭使って稼げばいいのに」とバカにしたので…→ネット民「スッキリ」

2020/6/27 11:51ヤタローヤタロー


作業着を着て働く「ブルーカラー」の人は肉体労働をしているイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。スーツを着て働く「ホワイトカラー」の中には、ブルーカラーを下に見ている人もいるようです。


Twitterでは、こんなツイートが注目されています。




投稿者さんがファミレスで商談相手と打ち合わせをしていると、作業着を着た人たちが入店してきたそうです。すると商談相手は「よくあんな汚い格好で飯屋入れますよね」「頭使って稼げばいいのに笑」などと口にしたので、投稿者さんはブチ切れて打ち合わせを終了させたそうです。「マジで勘違いすんなよな〜」と訴えています。


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。


















確かにホワイトカラーは頭脳労働で収入が多いというイメージかもしれませんが、ブルーカラーも肉体労働だけでなく技術力が必要です。ブルーカラーがいなければホワイトカラーが働く環境が整いません。

人工知能(AI)に仕事を奪われるのはブルーカラーよりもホワイトカラーのほうが先だとも言われていますので、ブルーカラーをバカにしているとそのうち痛い目にあうかもしれません。


(いまトピ編集部:ヤタロー)